夫婦のケンカは、一旦冷静に

ケンカするカップル夫婦、長くいると相手が今どう思っているかという事が何となくですが分かるような気がします。長く一緒にいるという事は、それなりに一緒になって考え共に理解しあうことが大切だなと感じています。そして何より感謝しあえることが大切。年齢を重ねるにつれ、普通はわがままや言わなくても分かる言葉など沢山あると思います。でも「言葉」=投げかけることって大切ですし大事にしたいものです。

例えば、何かをしてもらったら「ありがとう」「助かるな」など、ちょっとした気持ちを言葉で表すようにするとウレシイですね。時が経過するとお礼の言葉というのを夫婦間の間で忘れ、遠ざかっていくように思えます。だからこそ、きちんと言葉で伝えるという事を疎かにしてはいけないなと感じます。ありがとう、と言われれば気持ちいいですし自分自身もうれしく感じますね。それが夫婦円満につながる最大の秘訣だと感じています。

また、ケンカをした日にはお互いがぶつかり合うわけなので腹立たしい気持ちになると思います。そういう時は、少しだけ時間をおいてもう1度何故、ケンカに至ったのかを考えてみましょう。時間が少しずつ気持ちを静めて何がどうだったのかを冷静に見極められると思います。それなりにお互いの理由や理屈があると思います。きちんと話すことで理解も深まると思うので「話す」ということをお互いがきちんと持つようにできればいいなというのが理想だなと感じます。夫婦、いくつになっても課題はありますが、お互いが尊敬しあえる関係を築いていけたらステキだなと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)