少しの気遣いと休日時間の共有で夫婦円満

ミカン狩りお互いの精神状態、例えば喧嘩している最中、どちらか一方が夫婦関係以外のことで機嫌が悪いとき、もちろん良好な時も「おはよう」などの挨拶やありがとうの言葉は必ず口に出すようにしています。また、喧嘩直後は冷静になるためにもお互い違うことをしたり一人の時間、空間を作ることを心掛けています。そして冷静になってからお互い自分が悪かったところを言い合ったり傷ついたことなどを話して、その後は相手の事は責めずに喧嘩内容についてこれからどうしていくのか前向きに話し合っています。

また、夫婦円満を継続させるためには、毎日必ずその日の出来事、仕事の事、子供の事、話題になっていることなどなんでもいいので会話をする時間を設けています。家では食事中や食後のくつろぎタイムに話すことが多いです。そのとき、相手が疲れていたりしてそっけない返事だったとしてもそのことに関して突っ込むことはしないです。

あと、月に一度は休日のお出かけ先をショッピングではなく、ゆったりと過ごせる公園や観光地(例えば、紅葉を見に行ったりミカン狩りに行ったり)に行くようにしています。精神的にリラックスできる時間を夫婦で共有してコミュニケーションをとっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)